« ヒサカキ粗朶柵 | トップページ | やっと氷点下 »

謹賀新年

 年のはじめにみんなで緑地内を一周り。
湿地の刈払い、寝返りの木の跡始末、矢川に倒れかかった木の始末など、やっていただいたことに感謝します。一方、矢川のミクリがかなり抜かれていることに気づき愕然としました。どうして?・・・(哺乳類監視カメラがあるので画像分析しよう!)
 ともあれ、本年もよろしくおねがいします。
 本日は、来月1日に迫った湿地回復作業の場所確認、抜かれて流れに澱んだミクリの片付けを行いました。
最上流部の暗渠上の不法占拠?されていた部分の刈払い・伐倒がなされていました。
P1030752
P1030753
(これから、この部分の管理も任されるのかもしれません。)
最上流部堰は満水オーバーフロー、堰の周りのミクリなどはキレイに抜去されていました。
P1030756
P1030761
上流部で抜去されたミクリが流れてきて溜まっています。
P1030878
湿地は刈り払われました、
P1030762
P1030856
刈り払われて広々とした湿地で、ツグミはご機嫌です。
P1030745
隠れるところが少なくなったアオジ、メスとオスかな?
P1030832
P1030838
アオサギ、コサギ
P1030784
ダイサギ
P1030861_20200109141601
いつもいるけどブログに登場しないムクドリ
P1030884
メジロ
P1030793
M、Y、S、Ya、D、N、F

|

« ヒサカキ粗朶柵 | トップページ | やっと氷点下 »