« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

湿地の水抜き

スダジイ伐倒、オオカワジシャ抜去、雑木林の手入れ、など
 
矢川から湿地西側への水の流入を止め、
湿地西側から東側への堰を開いて、
湿地刈払いの準備です。
Img_1585
すぐに水位が3cm下がりました
 
念の為、掲示案内しました
Img_1583
 
キチジョウソウ、毎年見落として過ごしかねないけど、見つけたときは嬉しい、吉祥草
Img_1551
 
冬用の案内掲示(写真は6枚とも鳥)に替えた
Img_1564
 
でも、今日の冬鳥写真はボケボケのアオジだけ
Img_1565
シロハラの声は聞こえるけど、写真は撮れず
 
ウラナミシジミ、まだ飛んでいる
Img_1567
キチョウもまだいる
Img_1572
ヤマトシジミ
Img_1579
M、S、Yo、D、N、F

|

オオタカ

この時期としては異様に暑いです
雑木林の手入れなど
クロコノマチョウ
Img_1428
最上流部堰上に家が建ちました
Img_1439
堰はオーバーフローです
Img_1441
来週には水を止めるので、広い湿地水面が見れるのはあと1週間くらい、本日の水位は180mm(基準−5cm)
Img_1494
毎年楽しみなナンキンハゼの紅葉
Img_1457
水面の落ち葉もナンキンハゼいろ
Img_1462
ウラナミシジミ、翅がボロボロの個体がたくさん飛んでいて、本当に秋の終わりだけど、まだ暑くて蚊にさされる
Img_1480
ふと上を見上げるとオオタカ?らしい
Img_1498
標本木?の紅葉も真っ赤です
Img_1504
Y さん本日製作のベンチ
Img_1793
Y、S、D、Yo、N、F

|

9℃

寒いと思ったら9℃で、冬ですけど冬鳥は目立ちません。
さすがにチョウやトンボは見えません
雑木林の手入れ、刈払い、最上流部川べりのガラスクズ掃除など。
咲いている花は少ないですが、ツワブキ
Img_1330
矢川最上流部堰はオーバーフロー
Img_1340
ガマの穂は皆、個性的な姿になってます。
Img_1344
カワセミ、隠れているつもりかも
Img_1356
湿地水位は190mm、先週より少し減り気味
Img_1359
M、S、D、Yo、N、F

|

アオジ

雑木林の手入れ、川底掃除など
湿地水位は195mm(基準 - 35mm)で先週から3センチほど下がりました。堰を弄ってはいません。
Img_1173
最上流部は相変わらずのオーバーフロー
Img_1178
コウガイゼキショウ?
Img_1180
ナツアカネ、石の上で日向ぼっこをしている。
Img_1219
湿地には水面がひろく、多くのカルガモが遊弋してます。
水路を縦横に掘ったのでオギ・ガマのトンネルで守られて安全な場所が提供できたようで嬉しいです。
Img_1193
アオジ、先週から声は聞いてましたが、今季初の冬鳥ショット
Img_1204
ウラナミシジミ、秋の終わりを告げてます。
Img_1247
11月15日にくにたちのNPO法人と明治大学のK先生が来訪とのこと。
湿地の刈払は12月後半のため、11月中には堰止めして湿地の水抜き予定です。
M、Y、S、Ya、N、F

|

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »